★できるだけたくさんの情報を付け加えた

一般に上級者ほど一つの単語についてたくさんの情報をインプットできる能力があるはずですし、またナチュラルな英文を作るために積極的に単語の使い方やニュアンスを学びたいと思っているはずです。この本をごらんのみなさんも、おそらく「文法的に正しい文章」を作ろうとする段階から脱却し「ネイティブが作るようなナチュラルな文章」を目指すようになってきているのではないでしょうか?。しかし、既存の単語集の多くは逆の傾向が強く、初心者・中級者用の単語集には学習者が覚えきれないぐらいの情報が書いてあり、上級者向けの単語集ほど単語と日本語訳の単なる羅列にしかすぎず、あまり実用的ではないものが多いように見受けられます。

そこで、本書では一つの単語につき可能な限りの情報、特に「正しく使う」という観点から必要だと思われる、単語の使い方や微妙なニュアンスの説明を付け加えました。本書をパラパラとめくって見てください。この単語集は見出し語でいえば見開き2ページに4〜5個の単語しかありません。いかに一つの単語あたりの情報量が多いかということがおわかりいただけると思います。そして、TOEIC高得点をめざしていらっしゃる方には、この情報こそが必要なものであると確信しています。

もう一つのポイントとして、専門用語の説明にも気を配りました。例えば、incompatible =「互換性のない」という単語を例に取ってみましょう。incompatibleを「互換性のない」と丸暗記しても、「互換性」という言葉の意味が分からなければ、何の役にも立ちません。「理解できない」という動作を英語でやっても日本語でやっても「わかっていない」のには代わりがなく自分では使えないからです。日本人学習者は、高校・大学受験でとにかく単語の意味を丸暗記することに慣れてしまっています。そのため、日本語の訳が自分で理解できているかどうかに注意を払わないことが多々あり、結局それが、「使えない」につながっています。その弊害を少しでもなくすために、分野別編ではその分野が苦手な人には難解だと思われる用語にはできるだけ丁寧な説明を付け加えました。

incompatible「互換性のない」の説明
メーカーやOSが異なるパソコン間では部品やソフトを使い回しできないことがある。例えば、Mac用のソフトウェアはWindows用マシンでは動作しない。逆も同様。これが互換性のないということ。

英単語を習得するということは単に電話番号を暗記するのとはわけが違います。単に英単語=日本語訳の結びつきを覚えただけでは不足で、日本語の意味が分かっていなければ役に立ちません。つまり、高度な単語や分野別の専門用語を習得するためには、それに見合った知識が必要となるのです。

単語集一冊をやりきることは非常に困難なことでもあります。英語の学習の中で単語集を使った単語の暗記ほど苦痛なものはないと思いますし、一冊目を通すことすら難しいのではないでしょうか? 本書で単語一つ一つに付加した情報は、おそらく単語集では珍しく「読んでて楽しい」という気持ちを学習者に与えてくれると思います。ぜひ、読み物を読むつもりで一冊読み通してみてください。